FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島に出張

取材のため、徳島まで出張。
雨男の本領を発揮して、取材当日は大雨警報が出た。

naruto.jpg
速度制限中の大鳴門橋をこわごわ走る。

来週は能登に出張。
今度こそ晴れてね。
スポンサーサイト

ザ・ベネチアン・マカオ

casino1.jpg
マカオ取材では、奮発して「ザ・ベネチアン・マカオ」に宿泊。

casino3.jpg
全室スイート、ロビーの時点でこの金ピカぶり。
が、そこはカジノホテル。
カジノで収益があがるせいか、宿泊料はびっくりするほど安い。
負けたらすぐにフテ寝できるのがナイス。

food.jpg
ホテルのフードコートは屋内(3F)だが、天井に空が描かれていて夜でも昼間のよう。
時間の感覚がなくなる。

machi.jpg
ホテルからちょっと歩けば旧市街。

マカオ出張

ca1.jpg

ca2.jpg

ca3.jpg

アジアのカジノ事情を調査するためマカオに飛んだ。
遊ぶのも取材のうち…と、夜はギャンブルにどっぷり。

両替所とテーブルを何往復もして、日本円が順調に溶けていく。
気がつくと夜は明け、帰国便の時間が迫っている。
財布に残った香港ドルをそっくりチップに替えてバカラにGO。
バンカーに賭けて連勝、増えたチップをそのまま転がし、最後の大勝負。

しぼりにしぼったカードはナチュラルの8。
勝利を確信したが、ディーラーはあっさりと9を引き当てた。

がっくりうなだれるも、不思議と後悔はない。
大敗しても、思いっきり遊んだ満足感が残るところがカジノの効能だろう。

新書「勝てる思考の馬券術」にも書いたが、10年前の香港競馬遠征では有り金を失った。
相変わらず海外のギャンブルには弱いが、今回は持ち金の半分をホテルの金庫に放り込んでおいたので、ちょっとは成長したと思いたい。

でも、非日常な大敗を味わうのも、海外ギャンブルの醍醐味かもしれない…と、帰りの飛行機でぼんやり考えた。
どっちにしても、また来よう。

POGに関する心理について書きました

ダービーも終わり、来シーズンに向けてPOGのドラフトが盛り上がっています。
そこで、明日発売の競馬王7月号にPOGの心理に関する記事を書きました。

前評判の高い馬に騙される心理、ドラフトで相手の指名馬をコントロールするテクニック、クジ運が悪い人が陥りがちなワナなど、内容盛りだくさん。

また、競馬総合チャンネルのコラムにもPOGの心理について書いていますので、そちらもあわせて、ぜひチェックしてください。

川口オート

某版元の編集さんのお誘いで川口オートへ。
関西出身なので、これまでオートレースには馴染みがなかったが、やってみるとなかなか面白い。

競馬ではハンデを負担重量で調整するが、オートではスタート位置が変わる。
有力選手ほど後ろからのスタートになるので、前に行く選手のコーナーリングの技量次第で、後ろが詰まって大きな波乱になることもあるそうだ。

オートに詳しい編集さんに、いろいろとレクチャーしてもらう。
なかなか奥が深く、研究するほどハマりそうな気もするが、バクチはあれこれ手を出して勝てるほど甘くない。
ひとまず公営ギャンブルは競馬に絞って、オートは老後の楽しみに取っておこう。

kawaguchi.jpg

オートレース場は、どこか競輪場に似た雰囲気がある。
中央競馬が失った、なんとも懐かしい空気が漂う。

やや鉄火場的なムードのなか、奥さんと2歳&生後3ヶ月の娘さんを引き連れてきた編集さんは凄い。
「家族サービスですよ」と言っていたが、奥さんの目が笑っていなかったような…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。