スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定複合観光施設区域整備法案

昨日、国会内でカジノ議連の総会が開催され、現在検討中の「特定複合観光施設区域整備法案」に関する説明があったようだ。

特定複合観光施設とは、カジノを含む複合的な余暇、遊興、観光施設群のことで、今年シンガポールにオープンした「リゾート・ワールド・セントーサ」や「マリーナ・ベイ・サンズ」のように、エンターテインメントからビジネスまで多様な用途に対応できる施設をイメージすればわかりやすいだろう。

■参考:シンガポール政府観光局
http://www.stb.or.jp/news/index02.html

たとえばリゾート・ワールド・セントーサの場合、ユニバーサルスタジオや世界最大規模の水族館、海洋アトラクションを楽しめる博物館、大型コンベンション施設と内容もりだくさん。

■参考:ゲンティン・シンガポール
http://www.genting.jp

カジノは構成要素のほんの一部だが、集客と収益において重要な役割を果たす。
日本のカジノも単純な賭博施設ではなく、他の観光資源とうまく融合させることで、最大限の効果を発揮させたいという考え方だ。

こういった特定複合観光施設を設置できる地域を「特定複合観光施設区域」とし、当面2地域が指定され、最大10地域まで増やすことができる…というのが、いま検討されている法案の骨格。
明日発売のマイコミ新書「日本のカジノはこの街にできる」で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

日本のカジノはこの街にできる

●日本のカジノはこの街にできる(毎日コミュニケーションズ)
↑amazonにリンクしています
スポンサーサイト

10月23日に新刊が発売

10月23日(土)に新刊「日本のカジノはこの街にできる」が発売されます。

日本のカジノはこの街にできる
●日本のカジノはこの街にできる(毎日コミュニケーションズ)
↑amazonにリンクしています

カジノ合法化の最新動向や、国際観光の振興、地方再生におけるカジノの役割など、日本のカジノ事情をわかりやすく解説しています。

全国のカジノ誘致運動も徹底レポート!
さすがに日本中を回るのは無理でしたが、秋田、能登、徳島など、お財布が許す限り、地方に出かけました。

日本でカジノ合法化の議論が起こって10年以上が経ちましたが、今年4月に超党派でカジノ議連が結成されるなど、「今度こそ!」の期待が高まっています。

政局をはじめ、世の中の動きに大きく左右される案件でもあるので、入稿後もいろいろなニュースが入るたびに、本の内容が古くならないかドキドキする毎日ですが、思い切って最新の情報を詰め込みました。

せっかくの旬を逃さないためにも、お早めの購入をおすすめします。

なにしろ現在進行中の話なので、今後、本の内容と状況が変わる部分も多々あるかと思いますが、このブログでも情報をバンバン更新していきます。

競馬王11月号

発売中の競馬王11月号に「勝てる思考の馬券術」が掲載されました。

競馬王11月号

今回は特集のテーマ「狙って獲る10万馬券」に連動した記事を書いています。
下記の症状にあてまはる人は、ぜひご覧ください。

・穴馬を見つけても軸にする勇気がない
・大穴を狙うときは総流しに限る
・馬券がスランプになるほど予想が本命寄りになる

神宮球場

新著がようやく校了。

先週から今週にかけては、まさに寝る暇もないスケジュールだった。
…のだが、一昨日、打ち合わせの帰りに魔が差してフラフラと神宮に。

関西生まれの生粋の阪神ファンだが、さすがにレフトスタンドで応援する元気はない。
1塁側のヤクルトファンに混じって、マートンの最多安打記録を見届けた。

jingu.jpg

試合終了までいたら編集者に殺されるので、勝負の行方が見えてきたら帰ろう…なんて思っていたら、3回の裏で11対1。
おかげで締め切りを破らずに済んだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。