スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウステンボス、長崎~上海でカジノ船運航へ

以下、産經新聞のニュースから。

---------------------------
ハウステンボス、長崎~上海でカジノ船運航へ 公海上で営業

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の参加で再建中の長崎県のリゾート施設「ハウステンボス」(佐世保市)が、長崎~中国・上海間で運航するカジノ船の所有会社を設立したことが、分かった。今年夏の就航を目指すという。

新会社の名称は「テンボスクルーズ パナマ SA」で、昨年12月に設立した。早ければ月内にも2万~3万トン級のクルーズ船を購入する計画。船籍をパナマに置き、カジノは公海の航行中に営業するため、日本、中国の法律はいずれも適用されず、法的には問題ないとしている。

今後、カジノ船の所有会社とは別に運営会社を設立する計画。HISも出資するほか、国内外の企業にも出資を打診しているもようだ。

料金はエコノミークラスで片道1万円以下とする方向で、年間約50万人の利用を目指すという。

<引用終わり>

日本船籍の場合は、公海上でも基本的にカジノは不可。
日本が誇る豪華クルーズ船「飛鳥2」なんかもカジノはあるが、換金できない「模擬カジノ」だった。
パナマ船籍なので「法的には問題ない」としているが、今後の動向に注目したい。

先日、春秋航空で上海まで行ったところだが、片道1万円以下なら、往路はカジノ船、復路はLCCなんて感じで、気軽に楽しめそうだ。

ハウステンボスはカジノ誘致に積極的で、これまでの活動にご興味のある方は、自著「日本のカジノはこの街にできる」をぜひご覧ください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。