スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIN5とJRAダイレクトがスタート

初物ということでWIN5(5重勝単式)を買ってみましたが、18頭立てのレースが2つもあると、ぜんぜん当たりそうな気がしませんね。
当てにいくと点数が膨大になるので、個人的は宝くじ感覚で、毎週100円ずつ遊びたいと思います。

複勝転がし好きとしては、5重勝複式も導入してほしかった…。

馬券をクレジットカードで決済できるJRAダイレクトもはじまりました。
上手に活用する人もいるんでしょうが、馬券代の支払いを先送りするという側面もあり、あまり健全とは思えません。
バクチは手元にあるお金で楽しみましょう。

JRAのホームページには「インターネットショッピングの感覚で」とアピールしていますが、売っているものが数分後には紙切れになる馬券なので(というかネットなので、紙切れも残らない)、必要以上に利便性を強調するのは、いかがなものかと。
だったらクーリングオフも受け付ければいい。
スポンサーサイト

A&F・アビエーションの就航計画

ANAが出資するLCC(格安航空会社)のA&F・アビエーションの就航路線が見えてきました。
まずは本拠となる関空から、福岡、新千歳と韓国の仁川路線が開設される模様。

使用機材のエアバスA320-200は、ANAでは166席というシート構成でしたが、今回は180席とキツキツのLCC仕様。
乗り心地を重視したスターフライヤーと比較すると、同型機で144or150席の構成だから、約2割増しということになります。
それでも、韓国あたりまでなら、快適性を捨てても「半額運賃」のメリットを享受したい人が多いはず。

A320に180席詰め込むのはLCCでは標準的で、実際に私も日本から韓国、上海、シンガポールの各路線を同型機で飛んだことがあります。
体感的には、韓国までなら余裕、上海は体調次第、シンガポールは結構ダルい…といったところ。

体格や根性にもよると思いますが、3時間以内のフライトならアリだと思います。
実際に搭乗したときのレポートは、発売中の新書「大丈夫か!? 格安航空会社」に詳しく書いているので、ぜひチェックしてください。

競馬王5月号

発売中の競馬王5月号に、コラム「勝てる思考の馬券術」が掲載されました。

keibaoh1105_2.jpg


この春から発売が開始されるWIN5(5重勝単勝式)について、心理学的なアプローチで買い方や注意点を考えてみました。
最大2億円が狙えるだけに、いろいろと「馬券の罠」も多そうです。
下記の症状に当てはまる人は、ぜひご覧ください。

・前売りで馬券を買い、馬体重やパドックを見て後悔することが多い
・大勝負するつもりで大金を持参しても、直前で臆病風に吹かれてしまう
・WIN5は2億円当たるまで買い続けたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。