スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新書発売と馬券サバイバーに再登場

新書「勝ち切るための馬券心理学~なぜ、日曜最終の大勝負を止められないのか~」がいよいよ明日発売されます。
サブタイトルの「日曜最終の大勝負」という傷口に塩を塗り込む行為をはじめ、競馬ファンが陥りがちな馬券のワナを心理学的に分析し、その傾向と対策をまとめました。

巻頭企画には、質問に答えるだけで自分の「負けパターン」がわかるYES・NOチャートを用意しました。

YESNO.jpg

また、欄外には78個の「馬券あるある」を掲載。馬券のワナにハマりやすい人は、あるあるネタがいくつ自分に当てはまるかチェックしてみてください。

イラストは前作「勝てる思考の馬券術」に引き続き、タダトモミさんにお願いしました。
↓のオビにあるような楽しいイラストが満載です。

obi.jpg

そして発売日当日は、「競馬王×netkeiba.comコラボコーナー」の「馬券サバイバー」にて予想を公開します。
前回の「馬券サバイバー」では、人気サイドの単勝に資金の99%を投入して的中…という地味な結果になりましたが、今回はもう少し華やかな馬券になるといいですね。
予想の公開は土曜日の午後8時。ぜひ、こちらのアドレスにアクセスしてください!
スポンサーサイト

競馬王7月号と新刊

明後日発売の「競馬王7月号」に、コラム「勝てる思考の馬券術」が掲載されます。

keibaoh1307.jpg

今回は上半期のGIシリーズを振り返り、残る宝塚記念で心理的ワナにハマらない方法について書いてみました。
先週の安田記念までの成績がイマイチで、「宝塚記念で取り返してやる!」とイレ込み気味の人は、ぜひチェックしてくださいね。

そして今号では、特集「一口馬主 駆け込み出資で当たりを引く!!」にも原稿を書かせていただきました。
今年のクラシック戦線では、私が一口持っているテンシンランマン(フローラSハナ差4着…)でずいぶんアツい思いをしたのですが、本馬も昨年「駆け込み」で出資しました。
特集では駆け込み出資のメリットや、まだ出資できるオススメ馬についてコメントしていますので、一口馬主に興味がある方はぜひご覧ください。

さらに、6月15日には競馬王新書「勝ち切るための馬券心理学~なぜ、日曜最終の大勝負を止められないのか~」が発売されます。

keibaohshinsyo059.jpg

白夜書房からは「勝てる思考の馬券術」「勝てる思考のパチンコ・パチスロ術」に続く3冊めの新書になります。
発売日が近づいた頃にまた詳しく告知しますが、amazonではもう予約がはじまっています。
宝塚記念の前に読めば、心理的ワナにハマらずに済む…かもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。